緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。
更新する
情報提供
3日以内に情報提供はありません。
更新する
  • 伴委員が福島第一原発を視察の画像
    伴委員が福島第一原発を視察
    1月30日、伴委員が「中期的リスクの低減目標マップ」の今年度の改定を前に福島第一原子力発電所を訪れ、屋外廃棄物の保管状況や高放射性廃棄物を処理・保管するための設備の設置状況等を視察しました。視察後の取材では、屋外廃棄物の状況について「前回の視察時よりはるかに整然としていた」と述べるとともに、今後は廃棄物の発生量と質を踏まえた整理が重要であると指摘しました。
  • 福井県内の廃止措置を視察 田中委員の画像
    福井県内の廃止措置を視察 田中委員
    1月12日から13日にかけて、田中知委員が福井県内にある廃止措置中のもんじゅ・ふげん・美浜発電所1,2号炉を視察しました。視察後の取材で所感を問われた田中委員は、若手作業員が熱心に現場で説明してくれたことを挙げ、今後廃止措置の当事者となる彼らが、廃棄物の保管処分や廃止措置の重要性をしっかり認識して対応しようとしていることが分かったと述べました。
  • QST放射線医学研究所の視察の画像
    QST放射線医学研究所の視察
    1月6日、山中委員長と伴委員は次期中長期目標に関連する研究開発等の取り組みを確認するため、量子科学技術研究開発機構(QST)放射線医学研究所の視察を行いました。視察後の取材で山中委員長は「原子力災害等に備え日々訓練を行っているとのこと、非常に感銘を受けた。若手の研究者や医療従事者の皆さんとの意見交換もできて参考になった」と所感を述べました。
  • 柏崎刈羽原発 追加検査に係る現地調査の画像
    柏崎刈羽原発 追加検査に係る現地調査
    12月2日、伴信彦委員と杉山智之委員が、柏崎刈羽原子力発電所の核物質防護等に関する現状を確認するため現地調査を行いました。調査後の取材で各委員は「当たり前のことが、ようやく当たり前に行えるようになってきた」「追加検査がきちんと完了したとしても、その後も通常の検査の中できちんとその状態が保たれ、改善されていくかを見ていくことが重要」と所感を述べました。
  • 福島原発事故 10年の規制を振り返るの画像
    福島原発事故 10年の規制を振り返る
    11月28日~29日の2日間、東京・台場で、原子力規制委員会とOECD/NEAとの共催による国際規制者会議を開催し、山中委員長も講演と会見を行いました。
    約200名が参加したこの会議では、10年の規制活動を振り返り、信頼構築などの今後に向けた展望を議論しました。原子力規制委員会も、引き続き世界の知恵から多くを学ぶべく努めてまいります。
    山中委員長の基調講演と記者会見の様子別ウインドウで開きます

原子力規制委員会について

原子力の規制

放射線防護・原子力防災

安全研究・調査

法令・手続・文書

目的別メニュー

ページ
トップへ