緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。
更新する
情報提供
3日以内に情報提供はありません。
更新する

現在位置

  1. トップページ
  2. 原子力規制委員会について
  3. 採用の情報
  4. 任期付職員の募集(原子力規制庁長官官房人事課)
原子力規制庁
人事課
掲載日:2024年2月9日

任期付職員の募集(原子力規制庁長官官房人事課)

採用予定職

原子力規制委員会任期付職員(係長級)

職務内容

 原子力規制委員会では、原子力規制行政の充実・強化を図るため、必要な人材の採用活動に取り組んでいます。
 今回募集する職員は、職員の採用に関する業務(計画、募集、手続その他の調整・実施など)を担当します。

募集人数

 若干名

応募要件

 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学、短期大学、高等専門学校若しくは高等学校を卒業した者又はこれらと同等以上の学力を有すると認められる者で、一定の職務経験(令和6年4月1日時点(見込みを含む。)で、大学を卒業した者は7年以上、短期大学又は高等専門学校を卒業した者は9年6月以上、高等学校を卒業した者は12年以上)を有し、以下の全ての要件に合致する者。

  1. (1)国、地方自治体、民間企業等において、職員の採用に関する業務の経験が4年以上あること
  2. (2)職員の採用に必要となる作業の全体像を把握していること
  3. (3)採用活動において、原子力規制人材や、社会情勢を踏また新人の採用など、必要な人材の確保のための効果的な創意工夫を提案・実行できること
  4. (4)採用活動において得た情報の管理について理解していること
  5. (5)Word、Excel等により、自らデータ集計用ファイルを作成し、情報の入力、集約、管理ができること
  6. (6)国家公務員の採用における流れを把握しており、関連する業務の経験を有していればなお望ましい
  7. (7)下記の採用予定期間(2年間(予定))にわたり、継続して勤務が可能なこと
  8. (8)チームワークを重視し、関係者との調整・取りまとめ及びそれに必要な業務を円滑に遂行できること
  9. (9)原子力規制行政に理解を示し、責任を持って業務を遂行する意欲を有すること
  10. (10)心身ともに健康であること
     

なお、次のいずれかに該当する者は、応募資格がありません。

  1. (1)日本の国籍を有しない者
  2. (2)国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない以下の者
    • ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
    • ・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
    • ・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
  3. (3)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心身耗弱を原因とするもの以外)

採用形態

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号。以下「任期付職員法」という。)に基づき、常勤の国家公務員として採用

雇用予定期間

 令和6年4月1日以降の採用日から2年間(予定)(5年を限度として期間の更新もあり得ます。)

勤務条件等

勤務時間

 原則として、平日午前9時30分から午後6時15分(土・日・休日を除く。必要に応じ、超過勤務あり。)

休暇

 年次休暇20日(年の途中で新たに職員となった場合には、その年の在職期間に応じて決定。翌年に繰越し可能。)、特別休暇(3日間の夏季休暇を含む。)、病気休暇、介護休暇・時間

勤務場所

原子力規制委員会 原子力規制庁
(東京都港区六本木一丁目9-9 六本木ファーストビル)

給与

 任期付職員法又は一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)等に基づき支給

身分・服務

 国家公務員法を適用

応募方法

提出書類

  • (1)履歴書(指定様式【様式1】をお使い下さい。)
    • 顔写真を必ず添付したもの
    • 志望理由は、1,000字以内
  • (2)職務経歴書(指定様式【様式2】をお使い下さい。)

    これまでに従事した業務の内容を具体的に記述したもの

提出方法

 電子メールにより提出してください。
 件名は「任期付職員(原子力規制庁長官官房人事課)応募_氏名」とし、提出書類はPDF化したものを添付すること。

提出先(宛先)

任期付職員採用窓口<nra_ninki@nra.go.jp>
※提出専用メールアドレスとなります。御質問等は「お問合せ先」まで電話でお願いします。

提出締切

 令和6年2月25日(日)

選考方法

  • 1次選考:書類選考
  • 2次選考:面接

※ 書類選考の結果、2次選考(面接)を行うことになった方のみ、2次選考の日時場所等をご連絡します。
※ 2次選考(面接)に伴う費用(交通費等)は自己負担となります。
※ 応募書類は、返却せず当方で責任をもって廃棄させていただきますのでご了承下さい。

その他

  1. (1)応募の秘密については、厳守します。
  2. (2)最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります(休職は不可)。

お問い合わせ先

原子力規制庁
長官官房人事課
担当:笠原
  • 電話(直通)
    03-5114-2104
ページ
トップへ